• ホーム
  • ピルは彼とも相談しながら使おう

ピルは彼とも相談しながら使おう

考える女性

男性と女性が健康な状態で性交渉をすれば、妊娠をする可能性が出てくることでしょう。
将来的に一緒になる約束をしていたり、すでに結婚している人たちでは、妊娠というのは喜ばしいものですが、そうでないと中絶など、いろいろなことを考えることになります。
そうならないようにするには、避妊をする必要があるのですが、日本においては男性のコンドームがメジャーです。

しかし、最近はいろいろな避妊方法が知られるようになりました。
中でも女性が自分の身を守るためには経口避妊薬であるピルを飲むといいでしょう。
ピルというのは、低用量のホルモン剤が入っている避妊薬であり、正しい服用でほぼ100%に近い状態で避妊に成功することができるのです。

日本の法律では、ピルというのは産婦人科で処方してもらい、服用するような流れになっています。
しかし、海外からの個人輸入に限り、入手が可能であるのです。
個人輸入は、インターネットなどで注文や決済ができますし、値段を安いですし、すぐに対応してもらえるので、便利です。

医療機関にしても、個人輸入にしても入手できれば、避妊に成功できることでしょう。

中でも、トリキュラーという経口避妊薬というのは有名であり、多くの人が服用しています。
28日を1周期と考え、はじめの3週間はホルモン剤の入った錠剤を飲みます。
毎日同じ時間に飲むように心がけるようにして、48時間以上空けないように気をつけます。
トリキュラーは、正しく飲めは排卵を抑えることができる薬であり、避妊効果が期待できるものなのです。

このように、相手とも相談をして避妊をしなければならないときには、トリキュラーを服用してみると、日常生活で安心して暮らすことができるでしょう。

関連記事
トリキュラーの飲み方を解説 2019年10月01日

最近、知られるようになっている避妊方法の一つとして、ピルの服用が挙げられます。これは、女性ホルモンの入っている錠剤を服用することで、ホルモンバランスを変えて、排卵を抑える働きをしてくれるものでもあります。ですから、主に避妊目的のために使われるのですが、ほかにもニキビなどの肌荒れの予防であったり、生理...

低量ピルのトリキュラーで女性軽視の男性を跳ね返そう 2019年09月27日

我が国においても、女性の社会進出が進み、女性軽視を行う輩もずいぶんと減りつつあり、やっと諸外国並みの風潮になってきたと言われています。しかし、やはりまだまだあらゆる場面で女性軽視発言を耳にすることもあり、先進国といわれながらもあまりの低レベルな思考回路に、ため息ををつかされてしまった経験をされた女性...

トリキュラー28で生理を早める方法 2019年09月22日

今の時代では、共働きをしたりしている夫婦や子どもができたら困るという人たちがいたりして、避妊をする必要があるカップルもいるものです。避妊をする方法として、日本でメジャーなのがコンドームですが、最近では低用量のピルを女性が服用する方法もあります。低用量のピルというのは、女性ホルモンが配合された錠剤であ...