• ホーム
  • トリキュラーの飲み方を解説

トリキュラーの飲み方を解説

笑顔の女性

最近、知られるようになっている避妊方法の一つとして、ピルの服用が挙げられます。
これは、女性ホルモンの入っている錠剤を服用することで、ホルモンバランスを変えて、排卵を抑える働きをしてくれるものでもあります。
ですから、主に避妊目的のために使われるのですが、ほかにもニキビなどの肌荒れの予防であったり、生理痛や排卵痛の緩和のために使われたりするのです。

そんな低用量のピルですが、人気のある商品としてはトリキュラーという商品があります。
これは、28日ずっと飲み続けるものと21日飲んで7日休むというタイプがあります。
いずれにしても、服用するホルモン量は一緒であり、最後の7日間はホルモン剤が入っていない錠剤を飲むようになっているのです。

トリキュラーは、通常産婦人科などで処方してもらって服用する薬になります。
その飲み方としては、毎日同じ時間帯に飲むように習慣づけるといいでしょう。
正しい飲み方をしていれば、ほぼ100%に近い成功率の薬になります。
もしも、飲み忘れてしまった場合でも最後に服用してから48時間以内であれば、大丈夫です。
しかし、それ以上の時間が経っていれば、効果が期待できないのでほかの避妊方法に切り替えるようにしていきます。
飲み方には注意が必要なのです。

トリキュラーは産婦人科を受診して出してもらえる薬ですが、ほかにも海外の通販で個人輸入をすると入手できるようになっています。
しかし、ドラッグストアなどでは購入することができません。
ですから、すぐに気軽に入手できるというものでもないのです。

関連記事
トリキュラーを通販サイトで購入し服用する女性も多い 2019年10月30日

副作用がほとんど見られず、高い避妊効果が期待できるといわれている低用量ピルのトリキュラー、非常にポピュラーなピルで、数多くの婦人科クリニックで取り扱われている種類です。我が国においても、低用量ピルが解禁になったことにより、吐き気や頭痛、体重増加やむくみ、不正出血に悩まされることも減り、より安全にピル...

トリキュラーによる吐き気はよくあることです 2019年11月28日

トリキュラーとは低用量ピル商品の中の一つで、より手軽で初めてでも利用しやすいということで、多くの女性の支持を集めています。このトリキュラー、生理が始まったその日からのみはじめ、その後約一か月間薬を飲み続けることで女性ホルモンの分泌バランスを調節していくことができます。それによって排卵や子宮環境の変化...

低量ピルのトリキュラーで女性軽視の男性を跳ね返そう 2019年09月27日

我が国においても、女性の社会進出が進み、女性軽視を行う輩もずいぶんと減りつつあり、やっと諸外国並みの風潮になってきたと言われています。しかし、やはりまだまだあらゆる場面で女性軽視発言を耳にすることもあり、先進国といわれながらもあまりの低レベルな思考回路に、ため息ををつかされてしまった経験をされた女性...

ピルは彼とも相談しながら使おう 2019年09月25日

男性と女性が健康な状態で性交渉をすれば、妊娠をする可能性が出てくることでしょう。将来的に一緒になる約束をしていたり、すでに結婚している人たちでは、妊娠というのは喜ばしいものですが、そうでないと中絶など、いろいろなことを考えることになります。そうならないようにするには、避妊をする必要があるのですが、日...

トリキュラー28で生理を早める方法 2019年09月22日

今の時代では、共働きをしたりしている夫婦や子どもができたら困るという人たちがいたりして、避妊をする必要があるカップルもいるものです。避妊をする方法として、日本でメジャーなのがコンドームですが、最近では低用量のピルを女性が服用する方法もあります。低用量のピルというのは、女性ホルモンが配合された錠剤であ...